シミ取り相談所

   

シミ取り効果のあるピーリング

シミで悩んでいる場合、皮膚科などでシミ取りの治療を受けると良いでしょう。シミ取りにはさまざまな治療法がありますが、ピーリングでシミが薄くなったという声や肌の色が明るくなったという声を聞いたことがあるかもしれません。この施術のシミ取り効果や仕組みなどをチェックしておきましょう。ピーリングとは肌表面の古い角質を取り除く施術のことを言います。角質は肌の一番外側にあり、肌の水分を保つ働きや肌を外部の刺激から守るなどの効果があります。角質層は1~2ヶ月程度のサイクルで新しく生まれ変わっており、古い角質は剥がれ落ちていきます。この肌の生まれ変わりをターンオーバーと呼んでいるのですが、肌のターンオーバーがスムーズに行われることにより、潤いのあるきめ細かな肌を保つことができるのです。肌のターンオーバーは加齢や外部からの刺激、間違ったスキンケアなどが原因で乱れてしまうことがあります。結果として古い角質が蓄積しやすくなりますし、シミなどの肌トラブルが発生しやすくなります。ピーリングを行うことで古くなった角質を落とすことができますし、肌のターンオーバーを促進して健康な肌を取り戻すことに繋がるでしょう。この施術によって古い角質を落とすことにより、まずは肌のターンオーバーが整うという効果が期待できます。また、肌のくすみが改善されることもポイントです。古くなった角質が肌に溜まるとくすみが発生してしまうのですが、この施術で角質を除去すればくすみが取れるため、肌の色が明るくなるということです。毛穴の開きや黒ずみを改善するという効果も期待できます。毛穴の開きや黒ずみは角栓によって引き起こされるものですが、これは角質に皮脂が混ざったものです。この施術で角質を溶かすことにより、毛穴の開きや黒ずみの原因となる角栓ができにくくなるのです。シミのもとであるメラニンの排出を促す効果も期待できます。シミの元になるメラニン色素は基底層で作られており、角質が剥がれ落ちる時に排出されています。しかし、ターンオーバーが乱れて角質が厚くなった場合、メラニンの排出も滞ってしまうのです。シミやそばかすなども発生しやすくなるため、古くなった角質を落とすことが大切なのです。古くなった角質を落とすことでメラニンが排出されやすくなりますし、できてしまったシミを薄くする効果やシミを予防する効果が期待できます。一口にシミといってもできる原因や場所はいろいろあります。この施術は肌のターンオーバーを促進することでシミを薄くすることができますが、効果を期待できるのは老人性色素斑や炎症性色素沈着などのシミとなっています。表皮の奥にある真皮にまでメラニンが到達したシミや遺伝性のシミに対しては効果が期待できないので注意しましょう。なぜならこれらのシミは肌のターンオーバーを促進しても改善できないためです。ピーリングは角質を除去する施術であり、施術後の角質層は薄くなっています。薄くなった角質層は肌のターンオーバーによって少しずつもとに戻っていきますが、完全に戻るまでは角質層が薄いままになります。角質層が薄いままだと紫外線など外部からの刺激から肌をしっかり守ることができません。施術後は外部の刺激を受けやすいですし、普段よりもシミができやすい状態になるということです。そのため外出する際などはきちんと紫外線対策を行うようにしましょう。シミ取りのためにピーリングをしたいけれど、肌への負担が心配な人もいるかもしれません。まずはカウンセリングをしっかりと受け、信頼できる医療機関のドクターに任せることが大切です。また、自宅でピーリングを行う時も刺激が少ない化粧品を選び、アフターケアや紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

くすみ , そばかす , シミ , ピーリング , 紫外線対策 , 老人性色素斑 , 色素沈着