シミ取り相談所

   

シミ取りレーザーという治療

シミがあると実年齢より老けて見えてしまうため、気になっている人も多いでしょう。メイクなどで隠すこともできますが、数が増えたり範囲が広がってしまうと隠すことも難しくなってしまいます。効率よくシミを消したいという場合、皮膚科などで治療を受けてみると良いでしょう。シミ取りの治療を受ける前には効果や料金などを確認しておくことが大切です。人気のシミ取りレーザーは特殊なレーザーを患部に照射し、メラニン色素を破壊することでシミを除去するという仕組みです。このレーザーは黒い色素に対してのみ反応するため、シミ以外の部分に当たっても問題ないということです。メラニン色素細胞を破壊すると二度とシミができなくなると考えている人もいるでしょう。しかし、この施術ではメラノサイトを破壊するわけではありませんし、シミが二度とできなくなるわけではありません。きちんとケアしないと同じ場所にまたシミができてしまうこともあるのです。一般的なシミは紫外線によってできる老人性色素斑のことを指しています。そのため皮膚科の施術では老人性色素斑を除去することがほとんどです。他のシミに対しては効果が得られないこともあるので注意しましょう。シミ取り治療の効果はマシンの進歩とともに高くなってきています。それでも施術を受けたらすぐにシミが消えるわけではなく、だいたい6ヶ月程度はかかってくると言われています。施術を受けて4~10日後には患部のかさぶたが落ち始めます。かさぶたが落ちた部分はターンオーバーを繰り返し、1ヶ月程度で目立たなくなります。1ヶ月で綺麗にシミが無くなっていたら次の施術を始めることができますが、シミが残っている場合はもう一度照射をすることもあります。肌がまだ弱っている時にもう一度照射した場合、さらにシミが濃くなってしまうこともあるので注意しましょう。また、紫外線などの刺激が原因でシミが濃くなってしまうこともあるため、きちんと紫外線対策をしてから外出することがポイントです。一度施術を受けたら肌の状態を見るため、皮膚科に何度か通院することになります。シミ取りレーザーに興味があるけれど、痛みがあるのではないかと心配している人もいるでしょう。以前は照射時間が長かったため、痛みを感じやすかったとされています。しかし、最近のマシンは照射が短時間で済みますし、ほとんど痛みを感じることなく施術を受けられるようになりました。多少の刺激はありますが、我慢できる程度の痛みだったという口コミがほとんどです。それでも不安な場合は麻酔を使ってもらうと良いでしょう。皮膚科などの医療機関では施術前に麻酔を使えるため、痛みが不安な人でも安心して施術を受けることができるのです。シミ取りレーザーのメリットはやはり綺麗にシミがなくなるということです。小さいシミならメイクで隠すこともできますが、シミが大きい場合や数が多い場合は隠すのに時間がかかってしまいます。施術でシミがなくなればその手間を省くことができますし、見た目が若々しくなるというメリットもあります。この施術はシミで悩んでいる人にとって助かるものですが、施術後のケアに気をつけないと逆にシミが濃くなることもあるので注意しましょう。施術を受けるとその部分の肌が炎症状態になるため、肌が黒ずんだように見えてしまいます。肌トラブルを防ぎたいという場合、処方された薬をきちんと使うことや紫外線を浴び過ぎないようにすること、施術した部分に刺激を与えないことなどが重要です。施術を受けた部分はとても肌が弱くなっており、ちょっとした刺激でも大きなダメージとなってしまいます。外出する時はきちんと紫外線ケアをし、顔を洗う時などもあまり擦らないようにしましょう。

シミ , ダウンタイム , レーザー治療 , 痛み , 紫外線対策 , 美容皮膚科 , 老人性色素斑