シミ取り相談所

   

シミ取りの治療方法と、かかる期間について。

シミが顔にできたとき、メイクで隠せるものであればよいのですが、大きすぎて
隠せなかったり、色が濃くて使っている化粧品では難しかったりすることがあります。
しかし現在では治療にレーザーを使うことで、シミ取りを簡易的に行う事ができるよう
になりました。

シミを取る施術に使われるレーザーにはいろんな種類があり、またシミの種類に
よって効果があるものとないものがあります。また使うレーザーによってシミが
取り除けるまでにかかる期間にも違いがあります。

治療に使うレーザーにはYGAレーザー、Qスイッチルビーレーザー、フォトRF、
フォトフェイシャルやレーザートーニング、炭酸ガズレーザーなどがあり、シミの
でき方やできた部位、また肌質によって使い分けをして治療を行います。

YGAレーザーは、2種類の波長のレーザーを使い分けていく事で表皮と
真皮の両方にできたシミを取り除けます。施術には1回のレーザー照射で終わる
ため治療にかかる期間は短いですが、幹部をいたわるために一週間は絆創膏を
張っておく必要があります。老人性色素班やそばかすに効果があります。

Qスイッチルビーレーザーは皮膚の深いところに集中して当てることができる
レーザーです。治療後は軟膏を塗って肌にカーゼを当てて保護しながら
ケアをする必要があります。シミが取れるのに施術をしてから1週間から10日
かかります。このレーザーは色の濃いシミに効果があります。比較的に
広範囲にできたあざやシミ、そばかす、茶あざや黒あざ、また強烈な紫外線を
浴びたときにできる花弁状色素斑、また先天性にある薄青いあざにも効き目があります。

フォトRFはメラニンに対して効果を発揮する光を利用するレーザーの施術です。
正常な皮膚を傷つけることがなく、また肌にとてもやさしい治療方で、自由診療で
治療を進めていくことができます。施術で2週間から3週間あけて数回の商社を
行うので、治療をする期間は長くかかります。そばかすや肌の赤みやくすみに
効果があります。

フォトフェイシャルはたくさんの周波数の光を顔面全体に当てることで治療を行います。
そのため治療後から回復にまでにかかる期間が短いといわれています。また繰り返し
数回の照射をすることで効果を実感できる治療方です。そばかすや顔のくすみ、
炎症性色素沈着など、顔の皮膚によくできるシミに効果があります。また他の
レーザーと比べると痛みをあまり感じないことが特徴です。

レーザートーニングは非常に弱いレーザーを照射することで治療を行う方法で、
今までに治療が不可能といわれたかんぱんにも使える治療方です。またこの
治療方を行うことで、肌のコラーゲン生成を促せるので、ハリやつや、キメの
細かさの改善もできて施術が終わった直後からメイクができるのが特徴です。
かんぱんや皮膚の色素沈着、はだのくすみといった色のかなり薄いシミに対して
効果があります。

炭酸ガスレーザーは炭酸ガスレーザーを用いて患部の除去を行う治療法です。
治療を行う際には局部麻酔をかかてから施術を行うので、激しい痛みを感じることが
ありません。また施術の回数はほとんど1回で済みますので、治療の期間としては
短いですが、1週間から10日は患部に塗り薬を塗って絆創膏を張って患部を
いたわることが必要になります。脂漏性角化症といったイボにも効き目があります。

またシミの中でも肝班のような薄いシミの場合、レーザーと薬を併用しながら
時間をかけて治療することもできます。肝班ができてしまう原因は、ホルモンバランスの異常
やストレス、また紫外線などで、強い威力のあるレーザーを一度に浴びせてしまうより、
炎症を起こさない弱いレーザーを肌に当てながら、薬で肌を内側から治療する方法を
取ったほうが肌質を改善してハリを与えることがあります。どの治療があっているのか、
病院で診察を受け、医師と相談をしながら治療をすることが大切です。

あざ , そばかす , シミ , ストレス , トーニング , フォトRF , フォトフェイシャル , ホルモン , レーザー治療 , 期間 , 痛み , 紫外線対策 , 老人性色素斑 , 肝斑 , 色素沈着