シミ取り相談所

   

シミ取りに効果的な方法と大切なアフターケアを知ることは大切です

年齢が進むに連れて、どうしても顔の皮膚にはトラブルというものが付き物です。シワやたるみの問題もありますが、人によってはシミが沢山できてしまったり、1ヶ所でも目立つ場所に大きく出てしまうということも珍しいことではありません。気になってしまうと鏡で顔を見る度にがっかりしてしまうということも多く、このような悩み事はできるだけ早い段階で無くすことがストレスを溜めずに性格を明るくできるのではないでしょうか。シミの場合では早期であれば意外と簡単にシミ取りをすることができ、主に皮膚科や美容外科などで対応をしている基本的な治療内容です。シミ取りを利用する際には病院選びも肝心です。本人のシミの状態に合わせて選ぶ方法もあり、ホームページなどを調べてみて、施術方法から掛かる料金まで細かく見ることが肝心です。比較的シミが出来てからの期間が短くて、その範囲も狭い場合では皮膚科ではシミ取り用の治療薬を処方してもらうことができます。このタイプの薬は塗り薬でチューブタイプで処方されているものが出回っています。使い方は簡単で夜間にお風呂に入って洗顔などを行い、その後にシミの部分に塗布する方法ですが、女性の場合ではスキンケアを行っていることが多いので、ケア後に該当部位に付いているクリームなどをできるだけ拭き取ってから塗布することが必要です。24時間常に薬が作用するように工夫することが基本なので、翌朝に洗顔した後にも忘れずに塗ることが大切です。効果は個人差というものがあります。早い方のケースでは4日後程度からシミの部分に違和感を感じます。赤味を帯びてきて徐々にその色合いが濃くなります。その後は2週間から3週間程度を使い続けると、自然と赤味が無くなっていき、同時にシミ取りを成功させられるというものです。シミの状態が濃く場合や、年数が経過している場合、数が多く範囲も広い場合では、皮膚科や美容外科でレーザー治療によりシミ取りを行う方法もあり、この施術内容が最も基本です。レーザーでも1度で完全に消せる場合もあれば、複数回に分けて照射することで初めて効果を出すことができるシミがあります。当然ながら目立っているシミは何度かレーザー治療を受ける必要性があるので、決して1度で済ませられるものではないということを理解しておく必要性があります。多くのケースで3回から4回程度の照射で綺麗なお肌に戻すことを可能にしているので、気になっている方は早期に利用を検討することが良い方法です。レーザー治療では熱を溜めこんでしまうケースがあり、一時的に火傷のような状態になることもあります。しかし、アフターケアをしっかりと行うことで問題は起きないとも判断できるので、医師が説明する内容を十分にヒアリングすることはかなり重要です。好ましいとされるアフターケアについては、患部を温めることはNGと考えて間違いではありません。例えば夏の季節に治療をするような方であれば、日焼けにはかなりの注意が必要です。患部が日焼けしてしまうと、治療中は少し弱い皮膚の状態になってしまうことが目立つので、余計な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性は捨てきれません。女性の方であれば、多くの方が紫外線対策を行っています。クリームを顔に塗って日傘をさして歩くということも目立ちますが、治療中では特にこのような行動をきちんと行うことが大切なアフターケアです。完全にシミ取りを済ませることができた場合でもアフターケアは欠かせません。日焼け止めを徹底することは勿論ですが、乾燥してしまうことが無いように毎日十分に保湿を行うことも重要です。正しい洗顔、正しいスキンケアを継続させることでアフターケアを万全にできる可能性が高まります。

たるみ , シミ , シワ , ストレス , ボディクリーム , レーザー治療 , 痛み , 紫外線対策 , 美容皮膚科