シミ取り相談所

   

シミ取りができる飲み薬の効果とその仕組み

シミ取りの方法としては、レーザーを使って取り除く方法が効果的です。また化粧品の中にもシミを目立たなくさせる成分を含んだものがありますが、近年は飲み薬も登場しています。

そもそもシミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものであり、ホクロなどとは異なって膨らみがありません。シミができる原因は紫外線がもっともスタンダードなもので、これらは老人性色素斑と呼ばれるものです。紫外線は細胞にダメージを与えますが、若い時は新陳代謝も良くシミが現れにくいものですが、加齢とともに新陳代謝の低下や肌のはりが失われることによって次第にダメージを負った細胞でメラニン色素が沈着するようになります。このため加齢とともにシミが多くなるものです。これらを防ぐためには紫外線に晒されないことで日焼け止めクリームを塗ることや、肌ケアが重要です。
一方で紫外線以外ではホルモンバランスによっても起こるものです。子どもの頃にみられるソバカスもそのひとつですが、大人になってからも起こることがあり、それらは肝斑と呼ばれています。
ホルモンが原因の場合にはホルモンバランスが改善することで消えることがありますが、紫外線が原因のシミは一度発生すると、何らかのケアを行わなければ消えることはありません。

シミ取りの方法としては、レーザーと化粧品、そして飲み薬の3つの選択肢があります。シミは細胞内のメラニン色素が沈着することで起こりますから、レーザーを照射することでメラニン色素を破壊することで無くすことが可能です。施術としては簡単なものであるため、どの美容クリニックでも行っているものです。この方法は外部からアプローチして物理的に除去するため効果が一番期待できるものですが、デメリットとして根本的な改善にはつながっていないことです。

一方で化粧品や飲み薬の場合には、皮膚の代謝量を上げるなどしてシミを目立たなくすることができます。成分としては、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、プラセンタ、リノール酸、トラネキサム酸などが知られます。化粧品で使われているものは、安全性の高いもので手に入りやすいものが中心ですので、効果は継続的に使い続けなければなりませんし、あくまでも現状のメラニン色素が沈着するのを防ぐというものです。また薬として効果が認められているのがハイドロキノンと呼ばれる成分で、強い作用によってすでに出来てしまったシミを消すことができます。これらを利用するメリットは細胞の自然治癒能力を高めることでシミと消すことですから、レーザーのような対処療法とは異なって継続的に効果を発揮します。このため美容クリニックでもレーザーよりもハイドロキノンを処方するところも多くあります。

また飲み薬によるシミ取りもありますが、この場合にも新陳代謝を良くするものであり、シミ取り効果のある化粧品や外用薬と併用することでより効果的になります。飲み薬として知られるのはビタミンCであり、いわゆるビタミン剤がシミ取りの薬として効果があります。またL-システインはハイチオールとも言われる物質で、代謝を助けるアミノ酸で、シミ取りの飲み薬に配合されています。
なお、ビタミンの中でもビタミンB2は皮膚粘膜のビタミンと呼ばれ、健康な皮膚や爪・髪を作るのに欠かせないものですし、ビタミンEはシミの原因となるメラニン色素の発生を抑えることができます。ただこちらも化粧品同様に飲めば確実にシミがなくなるというものではなく、あくまでも皮膚のコンディションを整えるものであり、使用することによりシミができにくい状態にするものです。このため化粧品や塗り薬と併用することがシミを取り除くために効果的な方法になります。

シミ , ハイドロキノン , ホルモン , レーザー治療 , 紫外線対策 , 老人性色素斑 , 飲み薬